ジッテプラスは本当に無添加なの?添加物が配合されていた事実

ジッテプラスは無添加なの?

お肌がデリケートな方のケアクリーム選びは無添加がいいですよね。

 

 

私みたいにニキビ体質の人にデリケート肌は珍しくありません。

 

ジッテプラス無添加だから安心!と思っていましたが、成分には有機物がチラホラ含まれています。

 

実はですね、ジッテプラスだけではなくケアクリームや美容液の無添加は化学成分を全く含まない!ということではないみたいです。
これからその理由についてできるだけ分かりやすく説明していきます。

 

誰も知らない無添加の意味とは?

 

無添加化粧品はドラックストアなどでもたくさん見かけることがあると思います。
そのほとんどに化学成分は含まれています。

 

ジッテプラスも無添加と謳っているのに化学成分が含まれていました。

 

これって一体どういうことなのでしょう?

 

  • アルコール成分を使っていない
  • 石油成分を使っていない
  • 合成界面活性剤を使っていない

 

どれか1つでも含まれていなければ無添加と名乗ることができます。

 

無添加化粧品という定義はかなり曖昧で、販売会社が無添加と付けるのは自由ということです。
現在はそれを取り締まる法律もありませんから。

 

厚生労働省が公開しているアレルギーに危険のある102種類の成分を含まなければ、他に有機物を含んでも無添加だと言うことができます。

 

無添加と名乗ることで、売れ行きも違う世界なので販売戦略としては多少仕方ない面もあります。

 

そういったネガティブな批判もありますが、ジッテプラスに含まれている成分は毒性がほとんどなく、デリケート肌でも問題なく安全に使用できるものです。

 

そもそもケアクリームに化学成分が全く含まれていないということが安心だとは一概に言えません。

 

完全無添加だからと言って安心できません

 

 

完全無添加で一切化学成分を含んでいないケアクリームと化学成分が含まれたケアクリームがあるとします。

 

あなたならどっちを選びますか?圧倒的に多くの方が「完全無添加」と答えることでしょう。

 

では一切、化学成分を含まない完全無添加は安心かと言うと決してそんなことはありません。

 

完全無添加=安全

 

だと言う印象は捨てて下さい。

 

化粧品業界も研究が進んで、安全性が極めて高い化学成分は含んだ方が良いという場合もあるんです。

 

例えば防腐剤が含まれていなければ、たちまちケアクリームは腐ってしまいます。

 

肌に染み込んだ成分が肌の中でも腐ってしまい、逆効果となってしまいますね。

 

やはり化学成分に関しては成分表で確認し、どのような影響があるものなのか?安全な成分なのか?それを知ってから判断するといいでしょう。

 

ジッテプラスに含まれている化学成分

 

 

ブチレングリコール

 

保湿効果と抗菌効果の作用があります。

 

BGと表記される場合もあるようです。

 

非常に低刺激で、歯磨きにもよく含まれている成分です。

 

人体への悪影響は確認されていません。

 

ペンタンジオール

 

ペンタンジオールを化粧品に使用する場合は抗菌作用が主な目的となります。

 

102種類の指定成分となっているパラベンを使用したくないケアクリームや美容液によく含まれます。

 

また、無添加と表示している化粧品にもよく使用されている成分です。

 

ペンタンジオールごくごく稀に刺激を感じるということがあるようですが、重篤な副作用の報告はありません。

 

極めて安全性の高い成分であることが近年の研究で明らかになっています。

 

濃グリセリン

 

98%以上の純度の高いグリセリンのことを濃グリセリンと言います。

 

化粧品として使用される時には保湿効果がメインとなります。

 

その他にも肌を保護するバリア機能・皮膚を柔らかくする・乾燥を防ぐなどの役割も同時に果たしてくれます。

 

食品にも含まれているほど安全性が高い化学成分です。
副作用の心配はありません。

 

水素添加卵黄レシチン

 

レシチンは卵黄や大豆から摂れる成分でお肌にはとても大切な成分です。

 

水素を添加する理由は肌へ効率よく吸収させる為です。

 

水素添加レシチンの毒性はほぼゼロということが分かっているので、悪影響の心配はいりません。

 

香料

 

香料の原料についての詳しい記載がないので、何とも言えませんがほとんどの場合は問題となることがありません。

 

しかし、まれに肌に合わないなどの報告があることも事実です。

 

一般的なケアクリームにはほとんど含まれています。

 

多少添加物は含まれていますが安全だと言えます

 

完全に無添加ではありませんが、含まれている添加物は極めて安全だと言えます。

 

体や肌に悪影響を与えるような成分は含まれていませんでした。

 

ジッテプラスの全成分にはアレルギーチェックテストが実施されています。

 

安全性についての配慮が伺えますね。

 

 

 

ジッテプラスは高品質なケアクリームですので、今までそれより安く、ドラックストアで販売されているようなケアクリームを使用していたのであればまず問題はないでしょう。
それでもケアクリームには体質によって個人差が大きく関係してきます。

 

アトピー・アレルギー体質の方は使用前に必ずパッチテストを行い、使用するかどうか判断するようにして下さい。

 

ちなみに口コミや公式サイトでも重篤な被害例は1件も報告されていないということでした。

 

個人的には無添加とかどっちだっていいと思います。

 

これだけ安全性に配慮してあれば、デリケート体質の方でも多くは使用できるものだからです。

 

仮に危険な成分が含まれているのであればここまで話題とはなりませんよね。

 

ネットの評判は隠すことができませんし、肌に敏感なニキビ肌を相手にしているんです。

 

実績があるからこそ、ここまで長期にわたって売れ続けています。

 

万が一、肌に合わないという事態には90日間の返金保証があるので思い切って試してみることができますね。

 

 

ジッテプラスの解約について

page top